せどりとは、お店で仕入れた古本を別の古本屋で仕入れ値よりも高く売る事で利益を得るという行為に対して用いられていた言葉です。ですが現在では本だけでなく、ゲームや電化製品、玩具やCDといった様々な商品で同様の事をしている人がいます。なので今ではせどりという言葉は本に限らず、お店で安く仕入れて、仕入れ値よりも高く売る行為全般に用いられているのです。
もっともせどりを成功させるポイントは、何と言っても仕入れを上手に行う事だったりします。仕入れ値よりも高く売れる商品をきちんと見付け出し、仕入れる必要があるので注意が必要です。ただし仕入れの方法としては、大きく分けて2種類のやり方があります。それは、店舗せどりと電脳せどりという方法です。
店舗せどりは昔ながらの方法で、自分で店を訪れて商品を仕入れるというやり方となっています。商品の実物を確認した上で、仕入れる事が出来るのがメリットですが手間が掛かるのが難点です。同時に仕入れ先の営業時間もあるため、会社勤めの人が副業で行う場合には週末以外は仕入れが難しいという点にも留意が必要となります。
もう1つの電脳せどりですが、ネットショップを利用して仕入れを行う方法です。ネットショップは基本的に24時間利用出来るので、会社勤めの人が帰宅後に仕入れを行う事も出来ます。そのため、副業としてせどりを行う際にも仕入れを行い易いです。加えてネットショップなので移動の手間が掛からず、全国各地のショップを使い仕入れが可能な点も魅力的だったりします。だからこそ、商品を仕入れる方法としては店舗せどりよりも、電脳せどりがおすすめです。
ただしせどりを成功させるには、仕入れる商品の選定を慎重に行う必要があります。仕入れの基本としては、仕入れ値よりも高く売れると確信出来る商品を選び出す事です。そのため仕入れを実行する際は、高く売れそうだ、という感覚に基づくのではなく、きちんと数字で確認してから行う必要があります。
具体的にはお店の買い取り価格や、オークションやフリマアプリの平均落札価格といった数字です。そういった数字を確認して、仕入れ値よりも高く売れると確信出来る様な信頼出来る商品を仕入れる事が大事だったりします。なので基本的には、ゲーム好きはゲームを、音楽好きはCDやレコードといった形で最初は自分が好きな分野の商品を扱うべきです。興味がある分野の商品であれば、直感的に価値のある無しをそれなりに判断出来るので、仕入れるべき商品を見付け易かったりします。
更に電脳せどりで商品を仕入れる際の注意点としては、送料も込みで考える事です。ショップによっては販売価格は安くても、送料が高いためにトータルの価格だと他店よりも高くなる事が少なくありません。だからこそ販売価格にだけに気を取られずに、仕入れ値は送料込みで考える事が大事です。